月次アーカイブ: 12月 2016

祖父母が持っている土地に、家を新築することになりました。土地も含めて自分たちが買ったら、かなりの金額になっていただろうと思うのですが、土地を譲り受けたので、建物の新築の費用だけ、私たちが払うことになり、ほんとうに感謝しています。
先祖代々の土地なので、そこそこ広い面積を確保できましたが、土地付きで新築を建てようとしたら、自分たちが用意できる金額では、かなり小さな家しか建てられなかったと思うので、ありがたいです。
祖父母も私たち夫婦と一緒に住むことになったので、2世帯なのですが、ひ孫の遊び相手になってくれて、私も自分の祖父母なので一緒に入れて嬉しいです。親も介護には協力してくれて、よくうちに来てくれます。周りの友人たちからは、大変そうと言われますが、たしかに介護もありますが、そこまで大変だとは思わないでいられるのも、周りの方々にたくさん協力してもらっているからです。デイサービスも利用していますし、私も息抜きにたまに友人と旅行にも行かせてもらっています。

新築の建売住宅を購入し、もうすぐ10年になります。購入した当初は、一人目の子供がまだ小さく、これから何人子供が増えるか家族構成がはっきりしなかったので、家を買うか悩みました。しかし、当時住んでいた賃貸物件の契約更新時期が近付いていたのもあり、このまま家賃を払い続けるよりは自分たちの家を買った方が良いという結論に至ったため、地元では大手の不動産会社に仲介してもらっていろいろな物件を見ました。
私は車が運転できないので、山の上の団地のような車が無いと買い物にも不自由する場所では困りますから、駅が近くて、スーパーや病院も徒歩圏内にある物件を検討しました。マンションも考えましたが、子供が男の子であったため、騒音で迷惑をかけるといけないと思い、一戸建てにすることにしました。
現在は、最寄駅から徒歩10分ほどの場所に住んでいます。買い物も病院も歩いて行けるので非常に便利です。また、小学校も近いので、子供が通学するのも負担が少ないです。毎日の生活が車に頼らなくても苦も無く送れるというのは大変ありがたいものだなと痛感しています。
場所の利便性も大事ですが、何よりこの家を最初に見たときから、家や周りの環境の雰囲気に魅かれたというのも大きいです。家やマンションを購入することを検討しているなら、まず実際にいろいろな物件を見てみることから始めると良いと思います。その中で、すんなりと気に入った物件が見つかったときが、購入するタイミングだと言えるでしょう。

一戸建てを購入するのであれば、注文住宅がお勧めになってきます。注文住宅の大きなメリットが、自分の要望通りの家を建てて購入する事ができます。
既に、販売されている一戸建ての場合は、あなたの要望がすべて叶っている住宅を探すためには、多くの情報を収集したり、見学に行く必要があります。そうなると、時間がそれなりに必要になってきますから、仕事が忙しいという人には探すだけでも大変です。
しかし、注文住宅であればあなたの要望通りに家を建設できますから、手間をあまりかけずに住宅を購入する事ができます。また、要望通りの家にする事ができるという事は、それだけ住みやすくなりますし、満足できる住宅購入になってきます。
もちろん、土地を購入する必要もあったり、自分の要望通りの家にするためには多額の資金が必要になってきますから、しっかりと貯蓄していく必要があります。貯蓄する事によって、資金面での負担が軽減されて、支払いにおいて楽になってきます。

住宅物件には、それぞれ音に関する違いがあります。
比較的物音が聞こえやすい物件もあれば、その逆もある訳です。

 
それで居住の快適さを重視する場合、やはり物音が少ない物件が望ましいものです。
毎日のように近所からうるさい音が聞こえてくると、
それだけストレスが大きくなる可能性もあります。

 

ところで物音は、住宅タイプによって違いがあるのです。
結論を申し上げれば、一戸建てタイプなどは大いに推奨されます。
全ての一戸建てに当てはまるとは言えませんが、少なくとも集合タイプと比べると、総じて遮音性が優れている傾向があります。
と言うのもアパート物件などでは、隣の部屋と壁一枚で接している訳です。
それだけ物音が伝わりやすい傾向があります。

 

ところが一戸建てタイプならば、少なくとも隣の家とはかなり距離が離れていますから、あまり物音が聞こえない傾向があります。
したがってできるだけ閑静な所に住みたいと望むならば一戸建てが推奨されるでしょう。