中古住宅

10年前30代後半のとき中古住宅を購入しました。住宅探しのきっかけは主人の入っている生保レディーの訪問で、生命保険の内容をこのまま更新すると今の倍以上の金額になるということが解ったからです。もともと節約志向でお金の管理もきちんとしていましたが、今日明日の節約だけではなく、10年後、20年後までかかるお金についても、もっとよく考えていかないといけないとその時強く思いました。将来大きなお金が必要になって売却時のことを考えて、資産価値ということを一番に主要地下鉄駅から徒歩圏内で築15年の中古住宅を選びました。土地はそれなりに高額だったのですが、建物は一般に築年数でひとくくりに値段がつけられているようで新築の半分くらいの値段で買えました。中堅の住宅メーカーで建てられているということもあって、築15年は古いとは感じませんでした。それから10年間住んだので、もし賃貸住宅に住み続けたと考えたとしても建物だけの元は充分取れました。住宅購入後は、団体信用保険に加入するので、主人に何かあった時は残りのローンは安心ですし、生命保険の設定金額も減らせるので、大変満足しています。一つだけ小さな後悔を上げるとすれば、友人宅の新築のお祝いに伺った時ですね。ほんの一瞬だけですけど。

みなさんの中にもこれまでに家を建てるなら新築とリフォームのどちらが良いのかという事を
考えた事があると思います。

では、実際に新築の住宅を購入するのと中古リフォームのどちらが良いのかと
それは費用を抑えたいと思うなら間違いなく中古リフォームが良いです。

ですが、中古リフォームも必ずしも良い事ばかりではないです。つまりどういう事かというと、
確かに中古リフォームならかなり安い値段で入手できる反面所詮中古住宅なのでどうしても
新築住宅みたいな新しさは感じないです。

その点は中古リフォームは良くないです。ですから、とにかく新しい家に住みたいと思うなら
新築を購入した方が良い事になります。

でも、そこまで家の見た目に新しさを求めないならコストを抑える事ができる中古リフォームの
家がおすすめです。つまり、お得度で言えば明らかに中古リフォームの方がお得になります。

ですから、多少古い外観に感じても構わないと思うなら中古リフォームの方がお得です。

子供が小学校に入るまでに新しい住居に移りたいと考えています。今は賃貸アパートですが、近いうちに中古住宅を購入してそこに移る予定です。新築にするか中古住宅で妥協するかで夫婦でかなり話し合いました。私は新築希望だったのですが、妻がリフォーム済の中古のほうが安い(新築に比べて500万ほど安く済みます)し、契約したらすぐに住むことができるし、今の家はしっかりしているから中古でもちゃんとフルリフォームしてあれば新築と同じようなもんだよというのです。どこの家庭もそうでしょうが、こういう場合は妻の言うほうに進んだほうがいろいろと後で問題が起きないですよね。もし私の新築という意見を貫いたら、家にかかる金額が500万円ほど負担が多くなるので、あとでグチグチ言われ続けることでしょう。その購入予定の中古住宅を実際に見に行ったら「これが本当に築20年経過している中古住宅なの?」と言いたくなるくらいにきれいにリフォームされていて、気分的にも500万円が浮いて得した感じです。