新築住宅

建売り住宅についてですが、「似たような家が立ち並んでいる中のひとつってイヤじゃん」的な意見を言う人もいますけれど、実際に住んでみますとそうでもないですよ。もともと私は大人になってからとくに「人と同じ方が結局は落ち着くよねー」という考え方寄りになったところもあり、建売住宅はちっともイヤではありませんでしたね。

ですから、マイホームを建てる方向になった時に、建売住宅も選択肢のひとつに入れていましたし。そして、立地条件を最優先に手ごろでなかなか魅力的な建売住宅が売り出されていましたので、抽選の結果手に入れることができました。

うちの場合は子供がいましたので、まずは学区が最優先。やはり良さそうな小学校に通わせたいと思っていましたので。それと、駅までの距離ですね。ですから建売住宅にしたのも、結局は立地を考えてのことです。

そしてまあ、自分と同じような建売住宅を買う家庭は似たような層になる傾向がありますので、その点においても建売住宅にして良かったーと思っています。ですから建売りはちっとも悪くはないものですから。

マイホームなら一戸建てに住みたい、と考えるときには、一から自分の好み通りに作る注文住宅にするか建売住宅にするかというのはまず最初に悩む選択でしょう。
建売住宅も注文住宅も、どちらもメリットとデメリットがありますし、向いている人がいます。
建売住宅のメリットとしては、既に出来上がっているわけですから土地と建物の両方を一度に購入できますね。
そして、周辺の環境や家を気に入ったらそのまま入居できるためマイホーム購入なのに賃貸への引越しのような気軽さでスムーズに話が進みます。
そのため建売住宅は、スピードを重視する、マイホーム購入に手間がかかるのを面倒に感じる人には向いていると言えます。
家にあまりこだわりがなく、許容範囲の広い人にはオススメなのです。
もしも家の間取りはこうしたい、こういうテイストで作りたいなどマイホームに妥協したくない人の場合には建売住宅では不満が残る買い物になるでしょう。
また建売住宅だと資材にローコストなものを使用している場合も多いため、子供の世代まで引き継げるような家ではない事もあります。
建売住宅はそうした面よりも、早さや安さ手続きの楽さを求める、家にあまりこだわらない人向きと言えるでしょう。

建売住宅を購入する場合はとくに、何度も足を運んで端から端までチェックした方がいいでしょう。いやまあ、「端から端まで〜」は過剰な表現かもしれませんが、けれども既に建っている状態の住宅なのですからね。建売住宅は、自分たちの意見が反映されて建てられているわけではなく、既にそこにある商品として売りに出されているわけですから。

だからこそ、隅々まで見ておくのがいいのです。コンセントの数から電気のスイッチの位置にいたるまで、とくに「生活のしやすさ」を意識して見ていくといいでしょう。壁の薄さや資材の安っぽさは建売住宅ですから、そりゃあ注文住宅よりも劣るのは仕方のないところもあるでしょう。

しかしその分、住宅設備が良いものが入っていたりする場合もありますし、土地代が自分たちで直接買うよりも割安に思われるなどのメリットもありますからね。そしてだからこそ、建売住宅においてチェックすべきは「生活のしやすさ」なのですよ。

ですからこそ、何回か見学をしに訪れてチェックすることが必要なのです。1回だけしか見ずに購入は危険だと言えるかもしれませんので。

建売住宅を購入する際、どの地域に住むのか決定していれのであれば、できるだけ早いうちに購入することをお薦めします。なぜなら建売の場合、隣から隣へと次々と建築され、南向きでガレージが広め、角住戸など条件のよい物件からすぐ売れていくからです。できるだけ自分の希望にそった建売を手にいれるには、できれば建築される前の段階で購入の手続きをするのが一番です。出来上がり予想写真やデザイン画などでおおよその家の感じはつかめます。住みたい地域が決まっていて予算内でおさまる物件がみつかれば、すぐ手をうつことをお薦めします。建売住宅の場合、家の広さや立て方は同じ不動産屋ならほぼ同じだと考えてよいでしょう。しかし、決めるのもお金を払うのも自分です。購入する前に不動産屋の世間での評判や信用できる業者かどうか、地震対策などきちんとされているか、あらかじめ事前調査をきちんとしたうえで安心して住める住宅かどうかを決めた方がよいでしょう。

みなさんの中にもこれまでに家を建てるなら新築とリフォームのどちらが良いのかという事を
考えた事があると思います。

では、実際に新築の住宅を購入するのと中古リフォームのどちらが良いのかと
それは費用を抑えたいと思うなら間違いなく中古リフォームが良いです。

ですが、中古リフォームも必ずしも良い事ばかりではないです。つまりどういう事かというと、
確かに中古リフォームならかなり安い値段で入手できる反面所詮中古住宅なのでどうしても
新築住宅みたいな新しさは感じないです。

その点は中古リフォームは良くないです。ですから、とにかく新しい家に住みたいと思うなら
新築を購入した方が良い事になります。

でも、そこまで家の見た目に新しさを求めないならコストを抑える事ができる中古リフォームの
家がおすすめです。つまり、お得度で言えば明らかに中古リフォームの方がお得になります。

ですから、多少古い外観に感じても構わないと思うなら中古リフォームの方がお得です。